いなべのけん玉人口の増加について

何だか最近毎日けん玉プレーヤーが桐林館に集ってくるようになりました

 

僕がけん玉に出会ったのが2018年の2月

 

東京おもちゃ美術館というところでたまたま触ったけん玉が面白くて

 

桐林館の常連さんと2人で何となく始めたのがきっかけでした

 

思うは招く

 

そんな植松さんの言葉がしっくりきています

 

たかがけん玉

 

だけどこの1年を通して見てきた様々なストーリーはちょっと凄すぎます

 

まだまだ無限の可能性を秘めたけん玉

 

GWからは新たな方向から、いなべのけん玉人口を増やしていきつつ

 

1人でも多くの「やればできる!」を生み出していこうと思う今日この頃でした。

About agkpingod 317 Articles
2017年6月より三重県いなべ市に地域おこし協力隊として着任しました。 ミッションは登録有形文化財である廃校の「桐林館」をカフェ&イベントスペースとして活用し、かつての宿場町であった「阿下喜」という町の活性化の一助になるというものです。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*