う〜ッ、マンボ!

本日人生初マンボを拝見致しました。

 

マンボとは人工的に作られた地下水路で日本では三重県を中心に岐阜県、愛知県に多く分布しているらしく、いなべ市には特に多くのマンボがあったそうです。

 

本日お伺いしたのは旧郵便局お隣の稲垣邸。

 

個人でマンボを持っているのは稀らしく、キチンと小屋も作られており管理されていました。

 

その昔はお茶やスイカを冷やしていたらしく、当時の様子をお伺いする事ができました。

 

まちの事はまちの人に話を聞く事が一番リアルで、分かりやすくて、面白いです。

 

中学、高校の頃は歴史の授業は大の苦手でした。

 

どこか遠い昔の今の自分には関係のない出来事のような感じで、暗記も得意で無かったので…

 

でも阿下喜やいなべ市内の生き字引とも言える人たちの話は本当に面白くて、つい聞き入ってしまいます。

 

聞けば聞くほど、この「阿下喜」と言う町の賑やかな音や風景、人の暮らしが目に浮かびます。

 

まだまだまだまだ知らない事がたくさんあるんだなーと思うとワクワクします!

About agkpingod 160 Articles
2017年6月より三重県いなべ市に地域おこし協力隊として着任しました。 ミッションは登録有形文化財である廃校の「桐林館」をカフェ&イベントスペースとして活用し、かつての宿場町であった「阿下喜」という町の活性化の一助になるというものです。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*