けん玉と生涯学習

生涯学習(しょうがいがくしゅう、英語:lifelong learning)とは、

が生涯にわたり学び学習活動を続けていくこと。

日本においては、「人々が自己の充実・啓発や生活の向上のために、

自発的意思に基づいて行うことを基本とし、

必要に応じて自己に適した手段・方法を自ら選んで、

生涯を通じて行う学習」という定義

(昭和56年の中央教育審議会答申「生涯教育について」より)

が広く用いられている。類似概念に、継続教育がある。

 

最近ではあげきけん玉くらぶの会員数も順調に増えて来て、

家族3代に渡ってけん玉に取り組むご家族もいらっしゃったりと

中々の盛り上がりをみせています(勝手にそう思ってる)

 

なんでそもそもけん玉をこんなに熱心にやるのかというと

「自己肯定感を生み出す事ができる遊び」

だからというのは一番大きな理由で、

「どうせ無理」が「出来た!」に変わる瞬間を生み出すことができるのがけん玉だと思うんです。

 

なんでもそうですが「自発的」が一番大切な動機だと思っていて、

自分にとって何がワクワクするのか。何がやりたいのか

を見つける事が、今の時代の全ての世代に必要な命題じゃないのかとすら思います。

 

僕はけん玉を通して色んな世代の人の可能性を広げるお手伝いをしたい訳です。

 

あげきけん玉くらぶ、会員募集してます!

About agkpingod 126 Articles
2017年6月より三重県いなべ市に地域おこし協力隊として着任しました。 ミッションは登録有形文化財である廃校の「桐林館」をカフェ&イベントスペースとして活用し、かつての宿場町であった「阿下喜」という町の活性化の一助になるというものです。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*