とわに着れる服

今日は桐林館での岩田商店とのコラボイベント【羊の毛を洗おう、紡ごう】ワークショップでおなじみの【とわでざいん】さんへお邪魔して来ました。

 

公式HPより拝借

「toi」はフランス語で「とわ」と読み「君、あなた」という意味があります。

「とわ」は日本語で「永遠、永久」という意味になります。

とわでざいんは 消耗品である「衣服」を製作しています。しかし、本当は消耗したくないのです。できることならその人の暮らしに生涯寄り添える様な「衣服」になりたいのです。ずっと手放せないような 愛おしい一着が きっとあるはずです。

そんな一着を生み出したいと思いながら とわでざいんは活動しています。

 

というめちゃくちゃ素敵なコンセプトを持っているお店です。

今回ご縁があり、いなべでとわでざいんに出会ったんですがその服を見て一目惚れしました。

 

細部に神は宿る、という言葉がありますがここの服は本当に丁寧に作られているというのが服の知識が殆ど無い僕にも分かります。

 

この服には優しさや強さ、美しさを感じます。

 

そしてやっぱり作ってる人とのフィーリングもバッチリだったりするから何か不思議です。

 

大量消費、大量生産、格安で便利な服も悪くないですよ、ユニクロにもよくお世話になってます。

 

でも本当にいいものって、ものが持つ機能以外にも、心を満たしてくれるってのが大きく違いますね。

 

おススメです!

http://toi-designs.com

About agkpingod 126 Articles
2017年6月より三重県いなべ市に地域おこし協力隊として着任しました。 ミッションは登録有形文化財である廃校の「桐林館」をカフェ&イベントスペースとして活用し、かつての宿場町であった「阿下喜」という町の活性化の一助になるというものです。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*