どーせむり、という言葉を世の中から無くす為に

Hope invites | Tsutomu Uematsu | TEDxSapporo

 

ご存知の方もいると思いますが北海道の赤平という場所で、宇宙開発をしている町工場のおっちゃんがいます。

 

名前を「植松努さん」といいます

 

この方の経営する「植松電機」は世界に3台しかない無重力状態を作る装置や。安全なロケットを開発しています

 

そして植松さんは宇宙開発をしている目的をこう言っています

 

人間の可能性を奪ってしまうどーせむり、という言葉を無くせば戦争や暴力、いじめが無くなる。

 

そして人間がどーせむり、と思ってしまう究極のものが宇宙という存在じゃないのかな、と

 

だから宇宙開発はあくまで手段であり、植松さんの仕事の目的は

 

「どーせむり」という言葉を世の中から無くして

 

「だったらこうしてみたら?」という言葉を世の中に広めたい

 

僕はこの言葉とビジョンにかなり影響を受けまくっていて、いつか桐林館で講演をしてもらいたいと考えています。

 

(どうも最近いなべ市のどこかの中学校に来ていたようですが….)

 

今僕も含めて周りの方々には色々な立場、状況、環境の人がいて、それぞれに様々な課題があります

 

「どーせむり」という言葉を使うと、

 

簡単に逃げることが出来ます、

 

簡単に諦めることが出来ます。

 

でも植松さんは教えてくれています

 

「思うは招く」

 

だからどーせむりって思えば、それを招いちゃいます

 

ただ単にポジティブに考えるとかそういう事じゃなくて、

 

困難な状況でも、「だったらこうしてみたら?」を自問自答したり、誰かに言ってあげるだけで、

 

意外と解決策が見つかっちゃったりします、魔法の言葉です。

 

1人でも多くの「どーせむり」と思っている人に、この言葉の可能性を知ってもらえたらいいなーと思います。

About agkpingod 102 Articles
2017年6月より三重県いなべ市に地域おこし協力隊として着任しました。 ミッションは登録有形文化財である廃校の「桐林館」をカフェ&イベントスペースとして活用し、かつての宿場町であった「阿下喜」という町の活性化の一助になるというものです。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*