ひと部屋から地域を変える

来年以降にはいなべを中心とした空き家、空き店舗事業を展開しようと考えた時

 

コンセプトは「ひと部屋から地域を変える」やな、との考えに至りました

 

地域おこし協力隊を始めて最初の年に公民連携プロフェッショナルスクールという、地域活性化の実践型のスクールに通っていました

 

「補助金は麻薬」

「稼ぐインフラ」

「小さく始めよ」

 

など色々な原理原則を学びましたがいなべでの活性化を考えた時、「空き家」の持つ可能性を活かさない手はないとかねがね思っておりました。

 

いきなり大きなことは出来ないし、自分1人のスキルも大したものはありません

 

だからこそ会社なり、組織なりを形成してチームとして動く事のメリットがあるのでは無いでしょうか

About agkpingod 299 Articles
2017年6月より三重県いなべ市に地域おこし協力隊として着任しました。 ミッションは登録有形文化財である廃校の「桐林館」をカフェ&イベントスペースとして活用し、かつての宿場町であった「阿下喜」という町の活性化の一助になるというものです。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*