スタンド使いは引かれ合う

何気に4部が一番好きだったりします、はい。

 

今日は本当に近しい人同士が引かれ合う日でした。

 

お昼に刈谷市より団体のお客様がいらっしゃったのですがそのお一人が

 

オカザイし木下町(きのしたじゃないよきくだしだよ)の千万町という場所で

 

廃校を活用した事業をされている方がいらっしゃって

 

色々と話に花開きました。

 

伺うと元々その学校の卒業生であり、教頭先生までお勤めになったという事で

 

思い入れも強く、活発に活動されているのが伝わりました。

 

やはり制度の壁や、前例が無い事業の不確定な未来など、悩むところも共通のものがあり

 

今後も色々と手を取り合って助け合いましょう!という事になりました

 

千万町楽校のリンクはこちら

 

前職を退職して約2年経ちました、

 

今まででは考えられなかった幅広いジャンルの方と出会うきっかけが

 

この桐林館で地域おこし協力隊として活動させてもらえるようになった事です。

 

制度や仕組みの課題、地域との関わりの壁など他の協力隊の方のご意見や

 

地元住民からの声なども色々とありますが、僕は率直にいなべ市には感謝しています。

 

勝負は2020年よりも2019年!

 

今年もあと僅かとなってきましたが、きっちりと日々の活動をしながらも、

 

桐林館を自立した真の意味での公共の場として活用できるように邁進して参ります!

About agkpingod 126 Articles
2017年6月より三重県いなべ市に地域おこし協力隊として着任しました。 ミッションは登録有形文化財である廃校の「桐林館」をカフェ&イベントスペースとして活用し、かつての宿場町であった「阿下喜」という町の活性化の一助になるというものです。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*