不動産の価値

日本国の総面積は378,000㎢

 

東京都の坪価格は平均335万円

 

最も安いのは秋田県の平均6万円(秋田の人に怒られそうですが)

 

これは土地の「価格」であり、必ずしも「価値」と比例するとは限らない

 

僕はこれからの時代、不動産や土地の「価値」にこそ可能性があるんじゃないのかと考えるようになりました

 

当然土地価格の高いところで店を出したりすれば多くの集客や売上が見込めるとは思いますが、何よりもその土地や不動産にどんな価値があるのか、そこに光を当てて知恵を出して活用していくとこに空き家活用や廃校利用の面白さがあるんやと思います

 

そして何より「良い物件や土地」には物語があります

 

地域の人から愛されていた物語や、そこに携わった人の思い、

 

それらの目に見えない価値を「文化」と呼ぶのでは無いでしょうか

 

文化を未来へ繋いでいく会社

 

それが僕に与えられた使命なんだと、そう思う今日この頃です

 

 

 

About agkpingod 317 Articles
2017年6月より三重県いなべ市に地域おこし協力隊として着任しました。 ミッションは登録有形文化財である廃校の「桐林館」をカフェ&イベントスペースとして活用し、かつての宿場町であった「阿下喜」という町の活性化の一助になるというものです。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*