京都のシサム工房へ

今日はFTSL主催のフェアトレードショップ交流会に京都まで行って参りました

 

シサム工房さんは2回目なんですが本当に素敵なフェアトレードセレクトショップで、

 

商品の展示や魅せ方などとても参考になりました

 

フェアトレードのコーラやビール、ワインなども飲ませて頂き酩酊状態で色んな方とお話させていただきましたが、長くフェアトレード活動をしている方は色々と苦労をされている様で過去10年くらいは日本ではフェアトレード黎明期だったんだなと思いを馳せました

 

色んな方がおっしゃっているんですがこれからは「価格」よりも「価値」の方が重要である、資本主義に変わる「価値主義」が台頭してくると、今日色んな方の話を聞いていて、日々のお店のお客さんの反応を見ていて、強く思いました。

 

ただ売れればいい訳じゃない、そこに圧倒的に共感してもらえるような物語がこれからの時代を動かしていく力になるのかなと思います。

 

綺麗事で飯は食えないし、ボランティアは永続できません。

 

大学の先生のお話では「今の若い者は自嘲的な面があり、意識高い系などという言葉もある」とおっしゃっていました、確かにニヒルに構えていた方がカッコよく、無責任でいれるのかと思います。

 

でも僕は敢えてそういう方に言いたいです

 

現実がまだ上手くいかないのなら意識くらいは高く持とうよ、と。

About agkpingod 317 Articles
2017年6月より三重県いなべ市に地域おこし協力隊として着任しました。 ミッションは登録有形文化財である廃校の「桐林館」をカフェ&イベントスペースとして活用し、かつての宿場町であった「阿下喜」という町の活性化の一助になるというものです。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*