人の可能性を奪ってしまう言葉

5年程前に見たこの動画が今の僕の価値観に大きく影響を与えています

 

この人は「植松努さん」と言って、北海道の赤平というところでロケット開発の仕事をしています。

この人にとって、なぜロケットや宇宙開発の仕事をしているのかというと

世の中から「どーせむり」という言葉を無くす為にやっているそうです。

 

「???」

最初に動画を見たときの僕の反応でした、なんで宇宙開発がどーせむりと結びつくの?

 

その答え、プロセス、物語を理解した時、本当にこれからの世の中に一番大切な事はこれだ、と思うようになりました。

 

けん玉にはまっている理由も、まさにこれかもしれません。

どーせむりと思っていたけん玉の技が、頑張って練習すれば出来るようになる。

そしてそれを周りと分かち合うことが出来る、

そして「自分ってやれば出来るじゃん!」って思うようになる。

 

そんな風に思ってもらえる人が1人でも増えればいいなと、今日もけん玉技を磨きます…

 

About agkpingod 58 Articles
2017年6月より三重県いなべ市に地域おこし協力隊として着任しました。 ミッションは登録有形文化財である廃校の「桐林館」をカフェ&イベントスペースとして活用し、かつての宿場町であった「阿下喜」という町の活性化の一助になるというものです。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*