人狼ゲームに必要な能力とは

人狼ゲーム

 

それは村人に扮した人狼を話し合いによって探し出し、村人が全滅する前に全ての人狼を処刑するという物語をゲームにしたものである。

村人の中には夜に誰か1人の正体を見破ることができる「占い師」や、誰か1人を人狼から守ることができる「騎士」、村人のフリをした人狼側の「狂人」などの様々な役職者が入り乱れ、ゲームに深みを出しています。

 

毎月第1金曜日には桐林館でも夜な夜なみんなで集まって人狼ゲームをしているんですが、何回やっても飽きない、いやむしろやればやるほど面白くなっていきます。

 

嘘を上手についたり、信じてもらえる様に説得する事も重要ですが最近大切だと思うのが「空気を読む」能力だと思ったりします。

どんなに上手に理論立てて嘘をついたとしても、本当のことを言ったとしても「何か怪しいなコイツ」という空気が場に流れてしまったら最後、人狼側は自分以外に処刑が行くように企んでいるのでその流れに乗っかります。

 

現実の世界でも、どれだけ正しい事を言っていたり、凄いことに言っていたとしても「何か嫌だなこの人..」と思われてしまったら中々相手に思いが伝わらないって事も多々あります。

 

人と人の間に流れる目に見えないエネルギー、それを掴むことが人狼の必勝法や!

因みに僕は空気を読んでからあえて空気を読まないって事もするのであしからず!(めんどくせーやつだ)

 

次回人狼ゲームは夏休み最後の特別バージョン

【学校の怪談人狼】

8月31日(金)19:00〜22:00

参加費1000円(1ドリンク付き)

桐林館阿下喜美術室

 

口裂け女やトイレの花子さんなどの特殊役割を導入したオリジナルルールの人狼ゲームを行いますのでお気軽に遊びに来て下さいね〜

About agkpingod 58 Articles
2017年6月より三重県いなべ市に地域おこし協力隊として着任しました。 ミッションは登録有形文化財である廃校の「桐林館」をカフェ&イベントスペースとして活用し、かつての宿場町であった「阿下喜」という町の活性化の一助になるというものです。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*