今は経験で構成されている

今日は京都府の人口約2500人程の南山城村にある廃校カフェ「Cafeねこぱん」にお邪魔して来ました

 

cafeねこぱんのHPはこちら

 

桐林館より幾分か年季の入った二宮尊徳氏にお出迎えされ、素敵な廊下を抜けて内へ

 

昔の調度品や、地元の材を使った家具、郷土資料館に置いてあった置物などが上手にセンス良く活用されており、廊下にはカフェから良い香りが漂って奥へと誘われます。

 

今日のランチは羊飼いのパイとベーグル、地元の野菜を使ったサラダにオニオンスープでした、そりゃ美味いよね

 

お話を伺ったところ、2008年より営業しており、上手に地元の作家さんや住民を巻き込んで、シェアスペースとして流動的に他の教室も活用しているとの事。

 

元々行政に携わっていた方は独立されてデザイナーとして地域のマップやデザインを担当し、カフェは素敵な親子お二人がメインで運営している。

 

照明やインテリアなどのお店の細部から丁寧な息遣いが聞こえてくる様で、まだまだ桐林館は手を加える必要があります。

 

正面玄関の急なスロープを降りた先には移住相談所もあり、

 

面白い人材が集まりそうな空気だなと思いました。

 

今の僕を構成している要素は、過去に出会った人であったり、衝撃を受けた経験であったり、感動した味であったりと、全て経験の模倣です。

だから誰よりも自分のフィールドでは動き回って、貪欲に吸収する事を心がけています。

 

ただ単純に自分の興味の向く方向に動いているだけなんですけどね、

 

動けば、動く分だけ、食べれば食べる分だけ成長できる。

 

もっと全国の村や廃校で活躍している人と繋がっていきたいですね。

 

About agkpingod 265 Articles
2017年6月より三重県いなべ市に地域おこし協力隊として着任しました。 ミッションは登録有形文化財である廃校の「桐林館」をカフェ&イベントスペースとして活用し、かつての宿場町であった「阿下喜」という町の活性化の一助になるというものです。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*