健康である事の責任

随分昔に派遣社員の仕事として、引っ越しから交通量調査(帖佐だけに)、パチンコ台の組み立てにゴミ収集車のお手伝いと随分色々やってきたんですが

 

「今日だりーなー」って思った日は休んでた事もありました。

 

それでも会社や現場は代わりの人を補填して回っていく、そんな状況を見ているからこそ自分の健康管理もずさんになりがち

 

大手企業から離れて思うのは「健康である」という事の責任の大きさ

 

1人で回してた時に自分に何かあった時には店を閉めざるを得ない事もあり、その時にはお客さんにも迷惑をかけてしまいました

 

30も後半にさしかかろうとしてくると、自分の体の「癖」みたいなものが分かってくる

 

こういう物を食べたらこうなる、とか

 

こういう生活リズムを続けるとこうなる、とか

 

健康の基準や方法は人それぞれだけど、普通に生きてると感じにくい健康

 

病で倒れてから気づくんだけど、治るとまた忘れてしまう、それが健康

 

水面下で進めている桐林館分校プランでは「心と体の健康」をテーマに

 

このお店があってよかった!とその地区の人に思ってもらえるようなお店がしたいです

 

それにはまず主人の健康からですね…

About agkpingod 265 Articles
2017年6月より三重県いなべ市に地域おこし協力隊として着任しました。 ミッションは登録有形文化財である廃校の「桐林館」をカフェ&イベントスペースとして活用し、かつての宿場町であった「阿下喜」という町の活性化の一助になるというものです。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*