子供とけん玉

いなべ市で放課後の子供達に様々なオープンスクールを行なっている団体とミーティングしてきました。

 

今年の秋冬から未だ準初段の検定に合格していない私が、子供達にけん玉を教える場所を提供していただけるとの事

 

いやはや、練習にも身が入りますが局長との話の中で盛り上がった事が

 

「子供の頃の経験は、大人になってからの経験よりも、長く大きい影響があるんじゃないか」

 

という事でした。

 

去年の悲しかった事や楽しかった事を思い出すよりも、

小学生や、中学生時代の思い出の方が鮮明に思い出せますよね。

 

子供の頃に嗅いだ喫茶店のコーヒーの香り、よく遊んでたおもちゃの触り心地、理不尽な友達とのやりとりや、ちょっとした悪い事、道路に飛び出して車に轢かれそうになった時の運転手の声、いきなり噛み付いてきた近所の犬など、思い起こせばきりがありません。

 

だからこそ子供と触れ合う時には、きちんと1人の人間として向き合う事が大切かと思います、

自分が何気なく言った一言を、意外と子供は覚えていたりするもんですよね。

 

将来いなべでけん玉やってた事が、子供の未来に少しでもプラスになればいいなと思い、

今日も技を磨きます…

About agkpingod 58 Articles
2017年6月より三重県いなべ市に地域おこし協力隊として着任しました。 ミッションは登録有形文化財である廃校の「桐林館」をカフェ&イベントスペースとして活用し、かつての宿場町であった「阿下喜」という町の活性化の一助になるというものです。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*