家とアパートの違い

長いことアパート生活をしていると、あまり家と家との付き合いというものから疎遠になってしまう事が多く

 

実家に暮らしていた頃の家族の感じや、人との交流の仕方とは違う暮らしをしていたんだなと最近ふと思います。

 

アパートは完全にプライベートな空間、上下左右のプライバシーを考えながら

 

通路や駐車場で顔を合わせても話をする事も無く、アパート付近での人との交流も少ないです

 

最近朝に公園に行くんですがほとんど誰もおらず、何だか寂しい感じです。

 

実家にいた頃は、隣近所や親戚、家族の友人との交流もあり

 

プライベートな空間というよりは、開かれた公共の空間であり

 

自分の部屋はあってもオカンが気を利かせて掃除をしてくれるもんで

 

結局は全て開かれた空間でもありました。

 

だからこそ僕は今の各自治体の抱える「空き家問題」は結構問題だと思っています

 

なぜならマンションの一部屋一部屋はどれも同じでも、家にはその家族の物語が深く刻まれているからです

 

いつかはマイホームを夢見て頑張って働いて建てた家

 

子供の頃の思い出の全てが詰まった家

 

様々な問題と向き合い、離れたりする時もあるけどいつもその場所にデーンと存在する家

 

一度空き家になって1年人が住まなくなると痛んでしまうからこそ

 

未来を考えて家や家庭、相続を考える事が大切なんですね。

 

長年放置されてゴミだらけで朽ちてしまった空き家を直すのは容易ではありませんし、安全面から見てもリスクだらけです

 

何かを作ったり買ったり手に入れたりする時、その物の終わりを考えるって事がこれからの社会には必要なんじゃ無いでしょうか

About agkpingod 317 Articles
2017年6月より三重県いなべ市に地域おこし協力隊として着任しました。 ミッションは登録有形文化財である廃校の「桐林館」をカフェ&イベントスペースとして活用し、かつての宿場町であった「阿下喜」という町の活性化の一助になるというものです。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*