昭和deまちおこし

先日は大阪に足を運び、1955年に建築されたキャバレー「味園ユニバース」で行われた

 

刺激的なライブを観戦して参りました。

 

しかし目的は旧友に会う事、その子の名は「菅沼朋香」と言います。

 

彼女はそのイベントのアートを担当しており、「まぼろし屋台」という謎のコンテンツを引っさげ

 

「高度経済成長」をテーマに「昭和」の世界観を表現していました。

 

昔から純喫茶やスナックや商店街が好きな事は知っていましたが、

 

ここまで徹底して表現し続けている今の姿を見て、打ち震えました。

 

出版している刊行物も

 

と、コンセプトを貫き通しています。

 

そして更に興味深い事に話を聞くと

 

「昭和」をテーマに高齢化率50%の埼玉のニュータウンでまちおこしをしている、との事

彼女が行なっていたクラウドファンディングはこちら

どこの地域でも尖ったコンテンツを持った人はいるもんですね。

 

まだまだ、自分にはパンチが足りませんでした!精進致します!

About agkpingod 210 Articles
2017年6月より三重県いなべ市に地域おこし協力隊として着任しました。 ミッションは登録有形文化財である廃校の「桐林館」をカフェ&イベントスペースとして活用し、かつての宿場町であった「阿下喜」という町の活性化の一助になるというものです。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*