桐林館阿下喜美術室のビジョン

「ともだちを見つけよう」

 

これが桐林館阿下喜美術室のビジョンです

 

普通にカフェを楽しんでもらったり、展示品を見てもらったり、映えるのもいいのですが、

 

一番大切にしたいのは「お客さんとお客さんのつながり」です。

 

 

家でも、職場でも無い開かれた空間であり、カフェだけにしては無駄に広いこの空間笑

 

一人のお客さんから言われたのが

 

「桐林館は学校の部室みたいです」

 

確かに笑

 

夕方にうちに来た事がある人なら分かると思いますが、

17:00-19:00くらいは、あの空間に居る人がほとんどみんなで喋っている空気です。

 

クラスでもカフェでも無く、部室。

 

そしてそのお客さんとお客さん達でまた新たなつながりが生まれて、

 

一緒にイベントしたり、ご飯に行ったり、遊んだり、時にはお悩み相談もあったり..

 

こういう事が出来るのって、カフェの強みの一つだと思います。

 

ともだち75億人できるかな!

 

About agkpingod 102 Articles
2017年6月より三重県いなべ市に地域おこし協力隊として着任しました。 ミッションは登録有形文化財である廃校の「桐林館」をカフェ&イベントスペースとして活用し、かつての宿場町であった「阿下喜」という町の活性化の一助になるというものです。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*