祭りの準備が始まりました

今日は阿下喜の最大のお祭り「八幡祭り」の女神輿の打ち合わせの第一回目でした

 

阿下喜のまちが一丸となって毎年盛り上げる八幡祭りは通常の男神輿の他に有志の女性達による活気ある女神輿や、

 

子ども達中心の子ども神輿、そして長年続く仮装パレードが合わせて開催される一風変わったお祭りです。

 

僕は去年この女神輿のお手伝いで少しだけ関わらせていただき、間近で八幡祭りの迫力を味わうことができました。

 

そして今年もお手伝いさせていただくべく、打ち合わせに参加させていただきました

 

やっぱりこういう祭りって本番も大切だけど、打ち合わせのワクワク感も結構重要じゃないのかと思います。

 

思えば高校の文化祭も、遅くまで学校に残って準備したりするのが楽しくて

 

本番がずっと来なかったらいいのにとすら思ったこともありました笑

 

何でもそうですが、どれだけそのイベントや祭りに思いを込めて、時間をかけて、労力を割いたかでクオリティが変わってくると思います。

 

これって事業にも通じる事なのかな、思いつきで動いてロクな目にあった事がないから笑

 

少しづつ、自分の念願の「珈琲焙煎士」の道が見えてきつつある昨今、

 

思いを強く願う事が少しづつ形になっていくのは本当に不思議であり楽しくもあります。

 

2019年はいい年になりそうだ

About agkpingod 241 Articles
2017年6月より三重県いなべ市に地域おこし協力隊として着任しました。 ミッションは登録有形文化財である廃校の「桐林館」をカフェ&イベントスペースとして活用し、かつての宿場町であった「阿下喜」という町の活性化の一助になるというものです。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*