等身大で生きる

昨日はFourleaf soundことmurabayashiさんによるインストアライブが桐林館で行われました

 

夕焼けの日が落ちる肌寒い桐林館に、アーバンでジャジーな音楽が流れてて何ともいい空間だったと思います。

 

murabayashiさんは「歌う詩人」と名乗り、歌詞を大切にダイレクトに左脳と右脳に訴えかけてくるような音楽を楽しませてくれます

 

その中でもキーワードになっていたのが「等身大である」という事

 

メディアなどによって作られた美しさよりも、誰もが持っている人に優しくする気持ちや献身といった気持ちから出る美しさに光を当てたい、と素敵な事をおっしゃっていました。

 

そして等身大でいる為には自分の弱い部分を認める強さが必要である、と

 

まさしくその通りだなーと聴きながら考えながら、感じていました。

 

成長したかったり、一歩先に進みたかったら自分の弱さを隠して大げさに振舞ったり、強気に出たり、誰かを悪く言ったりするんじゃなく、自分の出来ない事は出来ないと言う勇気、知らない事は知らないと言う真摯さ、過ちがあった場合には隠さずに曝け出す誠実さが、等身大の自分を認める事なんやなって思います。

 

 

ライブが終わった後に

「こんな自分でもいいんだ」

と自分自身をちょっと大切に出来たような気持ちになりました。

 

そんなFourleaf Soundですが現在クラウドファンディング開催中です!

https://camp-fire.jp/projects/view/97975

 

是非この素敵な音楽が多くの人に届きますように….

 

I wish your little merry Christmas !!

 

About agkpingod 330 Articles
2017年6月より三重県いなべ市に地域おこし協力隊として着任しました。 ミッションは登録有形文化財である廃校の「桐林館」をカフェ&イベントスペースとして活用し、かつての宿場町であった「阿下喜」という町の活性化の一助になるというものです。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*