金が出なけりゃ知恵が出る

一般的な珈琲の焙煎士は一度に1kgから3kg程焼ける大きな焙煎機を持っています。

 

貧乏焙煎士の私は一度に250gしか焼けない小さな焙煎機をせっせと毎日回していますが

 

なんとか効率が良くならないものかと試行錯誤中です

 

豆の量を増やしてみたり、温度調整をしてみたり、時間を調整してみたり

 

でもこうやって色々と試行錯誤する時間って大切だなと思います。

 

失敗する事でしか成功する方法は分かりっこ無い、

 

失敗したら「なぜ失敗したのか?」を考える事が大切。

 

偶然の成功はあるかもしれないけど、偶然の失敗は絶対に無い

 

失敗には理由があり、それを改善していく事が本当の成功に繋がる

 

珈琲の焙煎一つでも突き詰めれば、人生の教訓になりますね

 

About agkpingod 241 Articles
2017年6月より三重県いなべ市に地域おこし協力隊として着任しました。 ミッションは登録有形文化財である廃校の「桐林館」をカフェ&イベントスペースとして活用し、かつての宿場町であった「阿下喜」という町の活性化の一助になるというものです。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*