阿下喜ぶらり旅

今日は阿下喜のまちをぶらり歩きしました

 

歩くたびに色々な発見がある阿下喜

 

和菓子の新角屋さんは明治創業で今は5代目になるそうです

 

演歌専門のCDショップ学生堂さんは80を超えるお婆様一人で切り盛りされていますが、まだまだ元気!

 

稲垣薬局さんは最近閉まってしまったみたいですね

 

この半年でもまちが色々と様変わりしてきましたが、

 

みなさん当時の栄えていた時代の話を聞くところによると

 

この阿下喜の本町通り、西町通りにはぜーんぶ店が出ており人でごった返していたそうです

 

まちに床屋さんや和菓子屋さんが多いのがそれを物語っていますね。

 

大切な事はこの現状からどうやって未来を作っていくのか、

 

そしてそのヒントを持っているのが地元に長く住む方達だと思います。

 

移住者の視点では分からない事を、もっともっといろんな地元の人から聞きたいな。

About agkpingod 160 Articles
2017年6月より三重県いなべ市に地域おこし協力隊として着任しました。 ミッションは登録有形文化財である廃校の「桐林館」をカフェ&イベントスペースとして活用し、かつての宿場町であった「阿下喜」という町の活性化の一助になるというものです。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*