1mmのズレ

新年早々コーヒー豆の焙煎機の部品がぶっ壊れました笑

 

僕の持っている焙煎機は構造自体はとてもシンプルで

 

回る筒の中に豆を入れて、熱いドライヤーみたいなもので熱風を送り豆に熱を加えるというもの。

 

桐林館は登録有形文化財故にガスの使用が出来ないので、この方法を取っています。

 

そして壊れた部品は豆を攪拌する小さなファンのつなぎ目

 

そこが取れてしまったので、急遽修理して1mmズラして新たな穴を開けて、ファンを再びくっつけました。

 

たかが1mm。

 

ところが全く別物のマッシーンに変わってしまいました笑

 

まぁ焙煎の上手くいかない事!

 

コーヒー豆はある一定のところまで焙煎が進むと「パチっ」という音を立てて膨らむのですが

 

それが1分半ズレてしまいました。

 

これはもう致命的に味が変わってしまいます。

 

また1から焙煎の手順を組み立てなくては!

 

道は険しいぜ….

About agkpingod 210 Articles
2017年6月より三重県いなべ市に地域おこし協力隊として着任しました。 ミッションは登録有形文化財である廃校の「桐林館」をカフェ&イベントスペースとして活用し、かつての宿場町であった「阿下喜」という町の活性化の一助になるというものです。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*