2019年でやめたい事

1月が一番目標設定や抱負などでモチベーションが高い状態の人が多いと思いますが

 

あまり理想を追いすぎるのも危険であるという側面もあるようです

 

「◯◯を手に入れるぞ!」とか「◯◯◯円稼いで裕福な暮らしを!」

 

とか鼻息荒く高い目標を立てると

立てた時点でそれが出来ているという錯覚に陥る

出来てると思うから努力をサボってしまう

また高い目標を立てる

の繰り返しになると笑

 

かくいう自分も思い当たる節ありありですが、大切なのは高い目標でも

「達成するプロセスをイメージする」ことが大切だと思います。

 

山を登るにしてもいきなり頂上にいるイメージじゃなくて、

道中のルートやリスク、天候を考えて必要な装備、自分の体力を見極めて登らなきゃ登れんすよね

 

そこで何をして何をしないかの選択が大きい目標達成には必要なのかと

 

 

僕の今年の目標は

「桐林館を補助金無しで自立運営出来るようにする事」

「阿下喜のどこかに自宅兼コーヒーの焙煎所を作る事」

「けん玉の練習を365時間以上やる事」

 

そして同時に「何をやらないか」を決める事も重要ですよね。

何かを得ようと思うなら、何かを手放す事。

 

なんで2019年は

「21時から23時は自分の時間として、出歩く事を控える」

「自分の直感が拒否してる事は断る」

「嘘をつかない、知らない事は知らないと言う」

 

を心がけて2019年を過ごしたいと思います。

 

しかし、久しぶりに1日休んでバッチリ充電できた〜

桐林館は4日からの営業ですが、明日から動き出すぞ〜

About agkpingod 160 Articles
2017年6月より三重県いなべ市に地域おこし協力隊として着任しました。 ミッションは登録有形文化財である廃校の「桐林館」をカフェ&イベントスペースとして活用し、かつての宿場町であった「阿下喜」という町の活性化の一助になるというものです。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*