コーヒーとCRASS

人はなぜコーヒーを飲むのか、そこに魅力を感じます。

豊かに暮らす為に、人とのコミュニケーションの潤滑油であり、インスピレーションや活力の源泉たるもの。

そして世の中に溢れる「しょーもないコーヒー」を駆逐するべく、

桐林館阿下喜美術室は来月より新たな展開をしていきます。

 

Do they coffee US a living?

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*