SDGsゲーム体験してきました

 Sustainable Development Goalsの略であり、通称「エスディージーズ」と呼ばれています。

SDGsは2015年9月の国連サミットで採択されたもので、
国連加盟193か国が2016年~2030年の15年間で達成するために掲げた17の目標です。

貧困をなくそう、質の高い教育をみんなに、エネルギーをみんなにそしてクリーンなどなど、
世界で起きている問題の開発ゴールを視覚化して達成しようって事ですね。


なぜか宣伝にはピコ太郎with外務省郎

まぁそれはさておき、SDGsをカードゲームで体験しよう!という試みが全国でされており、
私もどんなもんかしらと体験してきました



各自「お金」と「時間」を持ち、それぞれチームの「価値観に合わせたゴール」を目指して
様々なプロジェクトを進めつつ、日々変動する世界の「経済」「環境」「社会」の
パラメータを意識してゲームを進行します。

最初は自分のチームのゴールだけを目指しますが、後半になってくると他のチームとの協力が必須で
自分のカードと相手のカードを交換したり、時間をお金で売ったり、不要なリソースを分かち合ったりと
交渉術や思いやりの気持ちが必要になってくるあたりが面白いなーと思いました。





そしてふつふつと「いなべの社会を縮小した、子供も参加できるようなゲーム」が自分にも作れないかなーと妄想を膨らましています...

人狼的要素を入れつつ、町の発展を目指し、時には猿、猪に畑を荒らされ...

うーん、何か面白い事が出来そうな予感...

About agkpingod 102 Articles
2017年6月より三重県いなべ市に地域おこし協力隊として着任しました。 ミッションは登録有形文化財である廃校の「桐林館」をカフェ&イベントスペースとして活用し、かつての宿場町であった「阿下喜」という町の活性化の一助になるというものです。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*