コーヒーセレモニーから学んだ事

今日は桐林館阿下喜美術室が宇宙との交信の場所に使われました…

そんな中で学んだ事を簡単に…

 

・7つのコーヒーを回し飲みするという行為

これはまさしく「シェアする」という行為そのもので、10人いれば10人に行き渡る様に一人づつが考えて一口を飲みます。それが1万人いて7つのカップしか無くても多分1万人全てが意識をすれば全員に行き渡ると思います。

普段どれだけ他の人の事を考えて、自分の取り分を取っているのかと自問自答しました。

お金や食事、住まいや物など、それぞれが必要な分だけを取り、

残りを他の人とシェアする。

これってこれからの時代にめっちゃ必要な事じゃ無いのかと思いました。

 

 

・火、風、土、水という4大要素

土から生まれたコーヒー豆を火のエネルギーで焙煎し、水を使って抽出をして、風を震わせて音楽や会話を行う。

 

うーん、やはり今日の桐林館には宇宙が濃縮されていた…

次回はみんなが生きていたら、また来年だそうです笑

About agkpingod 58 Articles
2017年6月より三重県いなべ市に地域おこし協力隊として着任しました。 ミッションは登録有形文化財である廃校の「桐林館」をカフェ&イベントスペースとして活用し、かつての宿場町であった「阿下喜」という町の活性化の一助になるというものです。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*